ブログ

子供の敏感期って知ってますか?★自己肯定感が芽生えるモンテッソーリ教育

モンテッソーリ教育で人生の土台を作る【親子育ち教室】 マガジン20

前回、モンテッソーリ教育の

敏感期についてお話しさせていただきました。

 

4月から継続してレッスンに来て頂いている

お子様は、私もお子様を一緒に観察させて頂けるので、お母さんが見落とされている

お子様の敏感期を伝える事が出来ます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

先日のレッスンでも

「秩序の敏感期」真っ只中にある2、3歳の子どもさんを見ていて

「お家でこんな事ありませんか?」と色々な場面を想定してママに尋ねてみると

「あるある!」と頷いておられました。

 

 

大抵がこの「あるある」を「イヤイヤ期」と言われ

ママにとっては厄介で子育てママを悩ませ、イライラを募らせる原因になるのです。

 

 

が、これを敏感期と捉えて成長の過程だと分かり、その対処法を知る

ママのイライラは落ち着くし、子どもも今を満足して過ごせる事になります。

満足する事で大人への信頼や

自己肯定感が芽生えると言えます。

 

わがままにも見える秩序の敏感期。
この時期に得た親子の絆は

思春期にも大きく影響されると言われています。

「どうせ言っても聞いてもらえない!」

と自己表現出来ない子どもにならない為にも、この時期の関わりは大切にして欲しいですね。

 

次回レッスンも「」を楽しみたいと思っています。

子どもは「動いて学ぶ」と言われています。たくさん動いて五感もフル活用、ママも一緒に楽しみましょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

11月20日(火)午前 詳細はこちら

12月6日(木)12月18日(火)午前 詳細はこちら

ご質問&お問い合わせは

TELもしくは下記フォームよりお願いしています。
(TEL 080-8326-2228)

講師:西村純子 

 

 

 

 

 

プロフィール

お申込みフォームはこちら

 

関連記事

PAGE TOP