ブログ

親の関わり、環境によって子供の成長に差が生じている?!

モンテッソーリ教育で人生の土台を作る【親子育ち教室】マガジン11

 

 

 

 

「学ぶ」は「真似ぶ」という言葉を聞いたことがある方は多いのではないでしょうか?

語源引用辞典によると

学ぶは、「まねぶ(学ぶ)」と同源で、「まねる(真似る)」とも同じ語源である。 「真に似せる」の意味から「まね」や「まねぶ」が生まれたと考えられる。とされています。

私の教室のリトミック指導の中で創造力を育むということが1つの目標ではありますがやはり、創造するには想像出来る!が必要であり、想像するまでには、人のを真似たり、原体験によって、自分の引き出しを増やす事が必要だと思います。

2歳児クラスになるとこの「真似る」力に個人差があるのを感じます。

真似をしようと思えばよく見る事が大事ですね。

◉この「見る力」はどうやって育つの?

◉「赤ちゃんって生まれた時はあまり見えてない」って言うけど、その後の視力の発達は月日の経過の問題じゃないの?

と、質問が聞こえてきそうですが、

私は「見る力」は月日の流れで放っておいてもある程度育つけれど、親の関わり、環境によって差が生じていると思います。

0歳児で言えば、生まれてすぐのモビール、追視を促す親の関わり、話しかけなどからすでに「見る力を育てる」アプローチは始まっていると思います。

「あっ、出来てなかった!」と思われるママ、今からでも遅くないですよ。

目を見て話す、

シャボン玉やボール遊びなども視覚の強化に繋がりますよ。

他にも視覚の強化に繋がる関わり、遊びをレッスン内でも沢山、紹介しています。

直接的な学習前に、モンテッソーリ教育やリトミックを通して、

見る、聞く、話すなど感覚機能を強化して、基礎を作っておく事が大事だと思っています。

 

 

6月のスケジュール

7月のスケジュール

:::::::::::::::::::::

 

 

 

講師:西村純子 プロフィール→

2018年4月より月2回

・定期開催・単発受講・体験会

【モンテッソーリ教育で人生の土台を作る  親子育ち教室】を開講

::::::::::::::::::::

お申込みフォームはこちら

関連記事

PAGE TOP