ブログ

【驚愕!!】大人の○○が大事な我が子の成長の芽を摘むとは!!!

モンテッソーリ教育で人生の土台を作る「親子育ち教室」no.29

 

3連休始めの台風、大丈夫でしたか?
秋祭りを終えると、気温も下がり秋も深まり、あっと言う間に年末。
今年も後2か月半になりましたね。

今回はもう一度「モンテッソーリ教育」についてお話ししたいと思います。

モンテッソーリ教育の目的ですが

「自立していて、有能で、責任感と他人への思いやりが あり、生涯学び続ける姿勢を持った人間を育てる」
という文言。

難しいですよね。

 

わかります!私も初めて聞いた時は、長いし抽象的だし…区切って、理解をしようと思いましたが、頭の中は?でいっぱい。

でも今ならこれ、すごくわかるんです。

大きなキーワードは「自立」「思いやり」「学び」でしょうか。

小さなうちはとにかく「自立」がキーワードになります。

本来人間が誰でも持っているはずの「やりたい!」という欲求を上手に伸ばしサポートしてあげましょう。

遅いから、イライラするから、下手だから、まだ早いから!という大人の判断と都合で全部取り上げてしまったら、それは一番大事な「自立の芽」を摘んでいることになります。

良かれと思っての過剰な手助けも同じです。

 

 

 

 

子どもは「自立」がものすごく自信になります。

自分のことが自分でできるのは、自由と自信を手にすることになります。

どんなに小さなことでもいいので「できた!」の経験をたくさんさせてあげましょう

生活面で自立できている子、たくさんの「できた!」を経験している子は自信があり、意欲的です。

自分が満たされているので、人にも優しくできます。

ちなみに…話が逸れますが上手くできたときだけ褒められ、失敗した時に責められるという「評価」をされてきた子どもは、どんなにできることが増えて自信がついても「自尊心」が育つのではなく「優越感」になります。

評価された子は、評価します。

自分と他人に優劣をつけるようになります(誰かより優れているわけでも劣っているわけでもなく「違う」だけだ、という見方ができません)

評価で自信をつけるのではなく、自分自信が満たされる必要があります。

自立していて自信がある子は学びにも意欲的です。

レッスンの中では自立のお手伝いが出来る教具(アイテム)
をママにお伝えしたり、お家でも、繰り返ししてもらえるように手作りしてもらったりしています。

この部分が今後の知育教育(わかりやすく言えば勉強)
の土台となるのです。

次回は10月28日
ハロウィンレッスン🎃の予定です!

10月レッスン予定

11月レッスン予定

 

babyHug-Hug 西村純子先生

プロフィール

関連記事

  1. 一流の講師陣によるここでしか学べない上質の学びがbellybutton ベリーボタンにはあります
PAGE TOP